製品紹介

製品トピックス

ビオサイドNeo

食品工場用サニテーション剤

サニテーションとは洗浄・除菌と防カビ対策などを指し、衛生環境を保つ目的で使用される洗浄・除菌及び防カビ対策をする製剤のことをサニテーション剤と呼びます。

食品工場におけるサニテーションは食中毒菌の混入防止だけでなく、加熱時間の短縮による食感・食味の向上及び消費期限の延長に繋がります。

食品とノロウィルス

ノロウィルスはカキやアサリ等の二枚貝に内在しております。二枚貝を十分に加熱しないことでヒトに感染し、食品や共有空間を介して感染が拡大します。十分なノロウィルス対策が必要となります。

ビオサイドNeoとは

ジェミニ型ピリジニウムカチオンを主成分とした低発泡性のべたつきが少ない除菌剤です。

特性

  • 除菌力試験…広い除菌スペクトルを持っています。
  • 抗ウィルス試験
被検菌株 希釈倍率 被検菌株 希釈倍率
大腸菌(E. coli) 2000 乳酸球菌(Pe. Acidilactici) 1000
緑膿菌(Ps. aeruginosa) 1000 ビール酵母(Sac. cerevisiae) >4000
枯草菌(Ba. subtilis) 1000 カンジダ菌(Can. albicans) 500
黄色ブドウ球菌(St. aureus) 2000 産膜酵母
(Pi. membrannaefaiciens)
200
乳酸桿菌(We. Viridescens) >4000 産膜酵母(Pi. anomala) >500
ロープ菌(Le. mesenteroides) 1000 水垢産生酵母(Rh. rubra) 1000

■試験法

フェノール係数法に準じ、最小除菌濃度を測定(接触時間10分)

■培養条件

細菌:ハートインフュージョン培地(pH7.0、30℃,3日間)

乳酸菌:APT培地(pH6.8、30℃、3日間)

酵母:麦芽エキス培地(pH5.7、25℃、5日間培養)

インフルエンザ及びノロウィルス代替菌にも効果があります。

ビオサイドNeo100倍希釈液のネコカリシウィルス(ノロウィルス代替ウィルス)不活性化試験

接触時間 0分 10分 20分
TCID50 108 N.D. N.D.

N.D.:Not Detect (財)日本食品分析センター調べ

・TCID50とは組織培養を行ったとき、50%が感染を引き起こすウィルス濃度を1とした時の数値

・ネコカリシウィルスはノロウィルスの培養方法が確立していないことから、一般的にノロウィルス代替ウィルスとして使用されています。



ビオサイドNeo有効成分のインフルエンザウィルスA不活性化試験 

金属腐食性試験

ビオサイドNeoは鉄を除く金属をほとんど腐食しません。

材質 重量比
99.8808%
100.0000%
真鍮 100.0000%
アルミニウム 100.0000%
アルマイト(1050) 100.0000%
アルマイト(5052) 100.0000%
ステンレス(SUS 304) 100.0000%

10倍希釈液中に各金属テストピースを120時間漬け置きし、腐食程度を確認した。

ビオサイドNeoの使用例

食品工場における機械、器具、床、壁の洗浄

【ビオサイドNeo姉妹品】

バクトクリーンAW