製品紹介

製品トピックス

ビタゲン®のご紹介

Vitamin×Shelf Life Extender

ビタゲン®はチアミンラウリル硫酸塩およびチアミンラウリル硫酸塩を主成分とした製剤です。チアミンラウリル硫酸塩はビタミンB1誘導体の一種で、食品添加物としてビタミン強化・日持ち向上に用いられています。

ビタミンB1のお話

ビタミンB1は炭水化物をエネルギーに変える大切な役割を持ったビタミンです。

ビタミンB1がないと燃料はあるのに燃やせない状態になってしまい、エネルギーが足りなくなって体が疲れてしまいます。油のきれた機械と一緒です。

特に神経のエネルギーは炭水化物からしか作れないのでビタミンB1不足はイライラの原因にもなってしまいます。さらにひどくなると、手足の痺れや心臓にまで影響が。

これが脚気(かっけ)と呼ばれる病気です。

食品から摂る通常のビタミンB1は、水に溶けやすい性質(水溶性)を持っています。

水溶性のビタミンB1は、体内からすぐに排出されてしまうため、十分に力を発揮することができません。そのような性質を改良したのがビタゲン®で、効率よく体内に吸収されるように開発されました。

ビタミンで日持ち向上?

ビタゲン®は、ビタミン強化剤としてだけではなく、日持ち向上剤としても非常に有効です。この日持ち向上効果を発見できたのには、あるエピソードがあります。

日本人は炭水化物の多くをご飯で摂っていますが、食べやすさから精米された白いご飯を頂くことが多いですね。しかし、精米されてしまうとビタミンB1はほとんどなくなってしまいます。そこで、ビタゲン®は発育期の子供たちの健康のため、学校給食のパンやご飯のビタミンB1強化に多く使われるようになりました。ビタゲン®が、このような用途で使われ始めるようになった頃、あることに気がつきました。なんと、ビタゲン®入りのご飯は通常のご飯に比べて腐りにくかったのです。

この発見から、ビタゲン®の日持ち向上効果についての研究が始められ、非常に有用な日持ち向上剤であることが見出されました。今では、課題であったビタミン臭や溶解性などを改良したシリーズをラインナップしており、醤油、つゆ、たれ、キムチなど幅広い食品に日持ち向上剤としてお使い頂いております。

ビタゲン®の特長

  • ビタミンB1のにおい原因物質を特定し、低臭化に成功
  • 吸湿性が少ない
  • 加熱による分解がほとんど起こらない

栄養強化剤として

  • ビタゲン®(チアミンラウリル硫酸塩)1gはビタミンB1 塩酸塩0.413gに 相当


日持ち向上剤として

  • pHの影響を受けにくく、中性域でも効果を示す
  • 一般細菌のみならず、真菌・乳酸菌にも効果あり
  • 食塩、エタノール、有機酸の併用で効果増大


ビタゲン®(チアミンラウリル硫酸塩)の各種菌に対する最小生育阻止濃度(MIC)値が低いほど効力が高い

単位:(ppm)

  チアミンラウリル硫酸塩
pH5 pH6 pH7
細菌 Pseudomonas aeruginosa OUT8252 320 630 1,250
Staphylococcus aureus 209P JC-1 160 80 160
Micrococcus luteus ATCC9341 160 80 160
Bacillus subtilis ATCC6633 80 160 320
Lactobacillus acidophilus LA-1 80 80 40
真菌 Debaryomyces hansenii IF00023 320 320 630
Saccharomyces cerevisiae S-100 160 160 160
Penicillium citrinum OUT 160 320 320
Aspergillus niger ATCC6275 160 320 160

日本化学療法学会標準法に準拠

ビタゲン®使用例


醤油

梅干し

キムチ

表示例

日持ち向上の目的で使用

チアミン、ビタミンB1、V. B1

栄養強化の目的で使用

表示不要