会社案内

研究開発

タイショーテクノス研究所は1967年の開設以来、微生物コントロールをコア技術として、食品添加物・着色料・工業用防腐防かび剤・食品工場用サニテーション製剤・食品素材の分野へと守備範囲を広げてきました。お客様の声を聴きながら、限りないニーズの一歩先を見つめ、お客様の信頼と満足の得られる製品開発に努めています。

食品グループ

食品グループではこれまで保存料や日持向上剤の開発により培った微生物コントロール技術と品質改良剤による食品の食感(歯ごたえ、柔らかさ)を改良したり、食品劣化(酸化による退色や変色)を防止する技術を通し、お客様の製造する食品のおいしさを維持したまま、安全に広く流通させるための製品開発を行っています。

色素グループ

色素グループでは市場のニーズをいち早く察知し、基礎研究(耐光性向上、耐熱性向上、明色化、粉末化、液体化、水分散化、滲み防止、調合など製剤化試験)及び応用研究(お客様の依頼にあわせた食品の着色試験、着色見本の提出)を迅速に行える体制を整えています。

ユーザーサービスグループ

ユーザーサービスグループではお客様が弊社製品を安心してご採用頂くために、添加剤の効果確認試験を中心とした試験ニーズに対応すべく、分析技術に磨きをかけ、迅速かつ正確な試験対応を行っております。

アプリケーショングループ

アプリケーショングループでは、弊社の製品をお客様によりご理解頂くために、製品の性能を、より直感的に、より具体的に資料化しお届けしています。また、技術資料と併せて、実物を手にとってご覧頂くために、見本用食品を製造する設備・環境を研究所内にもち、各グループの連携をとることで、迅速な試作業務を可能にしております。

ビオサイドグループ

ビオサイドグループでは長年にわたってお客様の製品に最適な防腐・防かび・抗菌剤を追求してきました。昨今、効力だけでなく、高い安全性や耐久性、耐光性との両立が求められる中で、お客様のニーズを深く把握し、工業製品を菌汚染から守るための開発を行っております。
また、食品グループと連携し、保存料や日持ち向上剤の効果を最大限に発揮させるための食品工場向け除菌洗浄剤の開発も行っております。